FC2ブログ

DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

ヘイト

映画「スリービルボード」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「hree Billboards Outside Ebbing, Missouri」。

娘をレイプされたあげくに殺されたミルドレッドは、町外れの道に並ぶ看板に、警察署長ウィロビーを名指しし、捜査の進展がないことを問う広告を掲げる。
横柄な態度で悪名高い警察官ディクソンらは街の広告代理店主レッドを脅すが効果がない。
ウィロビーはミルドレッドに自分は膵臓がんで余命が短いことを告げるが、ミルドレッドは「街のみんなが知っている」と冷たく突き放す。
神父までミルドレッドを説得するが、かえって態度を硬化させてしまう。
そんなミルドレッドだったが、彼女自身、ある自責の念に駆られていた。

ミルドレッドにフランシス・マクドーマンド。「ヘイル、シーザー!」「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」。
ウィロビーにウディ・ハレルソン。「猿の惑星: 聖戦記」「グランド・イリュージョン」シリーズ。
ディクソンにサム・ロックウェル。「カウボーイ & エイリアン」「アイアンマン2」。
監督はマーティン・マクドナー。今作が初見。

「怒りが怒りを来す」とは、劇中で語られる言葉。
今作では、看板というレトロな方法での意見表明が、次第に関係者の中に憎しみが伝播していく様子を描いているが、苛立ちによる、ちょっとした思いつきが、それを掲げた本人も想像しなかった方向へ自体が進んでいく様は、さながらSNSのヘイト投稿が広がる様を見ているようでもあった。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する