DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

意味不明な邦題

映画「光をくれた人」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「The Light Between Oceans」。

戦争の英雄として帰国したトムは、孤島の灯台守の職を得る。
地元の娘イザベルに好意を寄せられたトムは、その思いに応え結婚。
しかしイザベルは2度流産し、失意のどん底に。
そんな時、島にボートが流れ着く。
ボートにはすでに息絶えた男性と元気な赤ん坊が乗っていた。
トムは地元に報告しようとするが、イザベルは赤ん坊を育てると主張。
結局、トムが折れ、3人で暮らすことになった。
しかし、地元に戻ったトムは、夫とまだ赤子の娘を海で亡くした女性ハナに出会う。

トムにマイケル・ファスベンダー。「アサシン クリード」「X-MEN」シリーズ。
イザベルにアリシア・ヴィキャンデル。「リリーのすべて」「エクス・マキナ」。
ハナにレイチェル・ワイズ。「ロブスター」「オズ はじまりの戦い」。
監督はデレク・シアンフランス。今作が初見。

正直、つかみ所がないというか。
赤ん坊が流れ着いて、ハナが本当の母親であることにトムが気づいたところまでは良い感じなのだが、その後の展開が、やや駆け足。
もう少し罪をかぶったトムに対するイザベルを描いてほしかった。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する