DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

傷はだれにでもある

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観た。
公式サイトはこちら。

ボストンで便利屋として働くリーは、短気で、酒場でいちゃもんをつけては暴力沙汰を起こしていた。
そこへ、兄のジョーが心臓発作で倒れたという連絡が入る。
車で兄の住むマンチェスターに向かうリー。
しかし、着いたときにはすでにジョーは亡くなっていた。
ジョーには別れた妻との間に16歳になるパトリックという息子がいた。
パトリックは昔からリーになついていたが、ジョーの遺言で後見人になると知らされたリーは、悩む。
彼には、ある重い過去があった。

リーにケイシー・アフレック。「ザ・ブリザード」「インターステラー」。
パトリックにルーカス・ヘッジズ。「グランド・ブダペスト・ホテル」。
ジョーにカイル・チャンドラー。「ゼロ・ダーク・サーティ」「アルゴ」。
監督はケネス・ロナーガン。今作が初見。

リーの重い過去を知った上での、ジョーの後見人指名だったのだろう。
パトリックも気丈に見えて、折れそうになる心を、バンドや女友達との二股で紛らわそうとしている。
また、リーとジョーのそれぞれの別れた妻も、心に傷を負っている。
それらを、現在と過去を織り交ぜながら、丁寧に描いていた。
観るべき映画。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する