DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

ガストン

映画「美女と野獣」を観た。
公式サイトはこちら。

村の娘ベルは、その美しさから村一番のハンサム、ガストンから言い寄られていた。
しかし、一方で変わり者とささやかれているベルはガストンを袖にする。
ベルの父親モーリスは旅の途中でオオカミに襲われ、とある城にたどりつく。
その城は燭台や時計、ポットが話す呪われた城だった。
ベルのお土産にとバラの花を摘んだモーリスは城の主「野獣」に捕らわれる。
ベルは家に戻ってきた馬に乗り、城へ赴く。
そして、モーリスの代わりに囚われの身となる。

ベルにエマ・ワトソン。「ハリー・ポッター」シリーズ。
野獣にダン・スティーヴンス。今作が初見。
モーリスにケヴィン・クライン。「ワイルド・ワイルド・ウエスト」。
ガストンにルーク・エヴァンズ。「ハイ・ライズ」「ホビット」シリーズ。
ガストンの子分ル・フウにジョシュ・ギャッド。「ピクセル」「スティーブ・ジョブズ」。
燭台ルミエールにユアン・マクレガー。「スター・ウォーズ」シリーズ。
置き時計コグスワースにイアン・マッケラン。「ホビット」「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ。
ポット夫人にエマ・トンプソン。「メン・イン・ブラック3」「ハリー・ポッター」シリーズ。
監督はビル・コンドン。「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」。

実写版の「美女と野獣」は2014年のレア・セドゥとヴァンサン・カッセル版が中途半端だっただけに、ディズニーはどうか。

ミュージカルである。
まあ、アニメの実写版なので当たり前か。
でも、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーンより、エマ・ワトソンの方が歌がうまいw
そして、今作で良かったのはガストン!
正直、野獣より野獣っぽくベルに迫るあたり、観ていて楽しかった。
「嫌な2枚目」を講演していた。
一方で、野獣はなんともおとなしく、あっさりベルに心を許すあたり、野獣になる前の傲慢さはどこへやら。
この点は2014年版の野獣の方が良かった。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する