DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

3人目

映画「パセンジャー」を観た。
公式サイトはこちら。

120年かけて移民星へ向かう巨大な宇宙船。
コールドスリープ装置の故障で予定の90年も早く目覚めてしまった技術者のジム。
途方に暮れるジムだが、唯一の話し相手はバーテンダーのアンドロイド、アーサー。
1年後、たまたまコールドスリープ中のオーロラを見たジムは、彼女を目覚めさせる。
2人は愛し合うようになるが、宇宙船に異常が発生する。

ジムにクリス・プラット。「マグニフィセント・セブン」「ジュラシック・ワールド」。
オーロラにジェニファー・ローレンス。「X-MEN」シリーズ。
アーサーにマイケル・シーン。「ミッドナイト・イン・パリ」。
甲板長ガスにローレンス・フィッシュバーン。「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」。
監督はモルテン・ティルドゥム。「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」。

予告編ではオーロラも偶然目覚めてしまったのかと思っていたのだが、実はジムの仕業。

実は個人的にジェニファー・ローレンスは「ウィンターズ・ボーン」以外は今ひとつ評価できなかったのだが、今作ではちょっとお高くとまった感じの作家をうまく演じていたと思う。
ジムにだまされていたことを知ったときの表情も、憎しみと絶望がよく出ていたと思う。

セキュリティが厳重となった現在においては、下位ランクの旅客のジムには入るところができないスペースが生じる。
一昔前なら2人で描き切れていたのだろうが、もう1人目覚めさせざるを得なかったのだろう。
そこがちょっと残念。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する