DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

食べちゃいたいくらいかわいい

映画「ネオン・デーモン」を観た。
公式サイトはこちら。

モデルになることを夢見て田舎からロサンジェルスに出てきた16歳のジェシー。
二流カメラマンのディーンの撮影でメイクのルビーと出会い、自分の美しさにほのかな自信を持つ。
ジェシーはモデル事務所にあっさり入ることができると、一流のカメラマン、一流のデザイナーと、とんとん拍子で仕事をするようになる。

ジェシーにエル・ファニング。「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」「マッド・ガンズ」。
ルビーにジェナ・マローン。「エンジェル ウォーズ」「イントゥ・ザ・ワイルド」。
ディーンにカール・グルスマン。今作が初見。
モデルのサラにアビー・リー。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。
同ジジにベラ・ヒースコート。「TIME タイム」「ダーク・シャドウ」。
そしてジェシーが住むモーテルの管理人にキアヌ・リーブス。
監督はニコラス・ウィンディング・レフン。今作が初見。

そう、例によってエル・ファニング目当てで観た作品である。
主役なのだから観ないわけにはいかない。
たとえ、くだらない作品だと予想していても。

いや、くだらない映画だった。
なんとも古くさいBGM、奇をてらいすぎたストーリー展開、間に挟む意味のない映像。

★★☆☆☆
エル・ファニングが出ていなかったら★。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する