DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

実録データレスキュー

昨年12月に落ちた我がiMac。
最初はSafariが立ち上がらなくなり、iMac自体を再起動しても「?」マークのついたフォルダーが表示されるようになった。
ネットの情報やアップルサポートのアドバイスを受けながら復旧を試みたが、「SMARTエラー」が表示されて、事実上HDDがクラッシュしていることが判明。
結局業者に頼んでデータ復旧を依頼することになった。

アップルサポートからは「オントラック」「PCキッド」の2社を推薦されたが、支払いが現金のみとのことなので、カード払いもできる業者を検索。
本体の持ち込みも便利な「デジタルデータリカバリー」に決めた。
12月21日午前1時にメールで問い合わせ、当日午前10時に電話で返答が来た。
その日のうちに本体を持ち込んだところ、当日午後4時ごろに復旧可能であるとの電話連絡が。
なんでもHDを読み込む部品が破損しているということで、見積もり段階で12万円ほどかかるという。
もし急ぐなら復旧したいデータを絞れば早くできるというので、メールのデータとiTunesのライブラリの復旧を依頼。
すぐに発注フォームがメールで送られてきたのだが、作業終了予定日は12月26日で金額は税込み198,720円。承諾して返信した。

予定は未定、作業終了は2、3日遅れるだろうと思っていたが、29日になっても何の連絡もない。
こちらから電話していつ作業が終了するのか問い合わせたところ「本日中には終了する。復旧したデータのリストを送る」という返事。
気になったのは「お待たせして申し訳ない」という言葉がなかったこと。
まあ謝罪を要求しているわけではないので待つことに。
しかし結局その日には終了の連絡がなく、じれたので31日に再度電話。
相変わらず「お待たせして申し訳ない」との言葉はなく、今度も「本日中には終了する。復旧したデータのリストを送る」と言うので、「29日もそう言われた。今回は確実ですか」と問うと「確実です」との返事。
だがしかし、結局その日も連絡なし。
新年早々腹立たしいことこの上ないが、悪いことは続くもので体調を崩して38度の熱が出てしまったので、三度目の抗議は見送り。
そしたら、1日の午前11時にようやく作業終了のメールが到着。
布団の中で確認したが、このメールにも「お待たせして申し訳ない」の文言はなし。
うーん、データ復旧業界は期限を守らないのは当たり前なのか?
メールには復旧したデータのスクリーンショットを添付していると書いてあるのだが、添付ファイルは請求書のみ。
iPhoneでは開けないファイルが添付されているのか?と思い、12月27日に注文したiMacが1月2日に届くので、それで開くことにした。
2日、熱も下がり、新しいiMacも届いたので、心機一転。
くだんのメールを確認したが、やっぱり請求書のファイルしかない。
21時にメールで次の文面を送った。

============================================
デジタルデータリカバリー 担当者様

お世話になっております。
そちらにiMacのデータ修復を依頼している者です。
この度は修復完了のご連絡ありがとうございました。
しかしながら、6枚添付されているはずのスクリーンショットが1枚もございません。
添付されていたのは請求書だけです。
今回のデータ修復につきましては、12月26日に完了予定とのことでした。
とはいえ、難しい案件とのことでしたので2、3日はオーバーするだろうと思っていたのですが、29日になっても連絡がないので、午前10時過ぎに当方から連絡したところ、「本日中に修復リストを送る」とのことでした。
しかし、その日には全く連絡がなく、31日正午過ぎに再度連絡したところ、再びその日のうちにリストを送るとの返事でしたので、「確実に送っていただけますか」と念押ししたところ、「確実にお送りします」とのお返事をいただきました。
結局、修復完了のメールが届いたのは1日の11時すぎです。
しかも、添付なしの上、1月4日までに返事しろとのこと。
一つお尋ねしたいのですが、メールにある、「パスワードはご登録の際に伺った、電話番号下4桁となります。」とある、パスワードは一体どこで入力すればよろしいでしょうか。
どこかで入力すれば添付していただけるはずだったデータが見られるのでしょうか。
期限まであまりないので、至急スクリーンショットをお送りください。
よろしくお願いいたします。
============================================
24時間365日営業とはいえ、すぐには返事が来ないだろうと思っていた。
案の定来なかった。
しかし、翌3日朝になっても連絡がないので、午前10時に電話。
添付ファイルがないことを訴えると「あ、今担当者が送ったそうです」と言う。
そば屋か。
届いたメールには添付ファイルとともに、ようやく「ご連絡が遅くなってしまい誠に申し訳御座いませんでした。」との文言が。
これまでのやりとりで初めてである。

復旧データが入った外付けHDDとiMacが届いたのが5日午前。
実に復旧を頼んでからほぼ半月。
正月三が日を挟んでいるとはいえ、「365日診断・持込・復旧・納品可能」をうたっている会社である。
こんなにかかるとは思わなかった。

さて、復旧してもらったデータであるが、メールとiTunesのデータのほかに、写真データも復旧されていた。
最初の電話で、「写真データはバックアップがあるので復旧しなくていい」と告げたのだが。
これをサービスととるべきか、復旧遅延の原因ととるべきか。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する