DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

ブラック・ハント

映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」を観た。
公式サイトはこちら。

元憲兵隊のジャックは、現役憲兵隊のターナー少佐と会うためワシントンに赴くが、ターナーはスパイ容疑で逮捕されていた。
ターナーの部下2人はアフガンで武器の横流しを捜査中に殺害されたていた。
ジャックも逮捕されるがターナーが留置所で暗殺される寸前に共に脱出。
2人で裏を探るべく、暗殺者から逃げながらの捜査が始まる。

ジャックにトム・クルーズ。
ターナーにコビー・スマルダーズ。「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」。
2人と共に逃げる自称ジャックの娘サマンサにダニカ・ヤロシュ。今作が映画デビューのよう。
監督はエドワード・ズウィック。「完全なるチェックメイト」「ラスト・サムライ」。

前作「アウトロー」の続編。
前作ではジャックの良い意味での傍若無人ぶりが発揮されていたが、今作では女性2人がいっしょ。
しかしターナーも女性とは言え軍人だけあって、悪者をバッタバッタとなぎ倒す。
それが吉とでるときもあれば凶と出るときもあり、前作よりはちょっとソフトな感じのジャック。

続編ではあるが前作とはつながりがないので、今シリーズ初めての人も楽しめる。
ただ、基本、殴る蹴るの映画なので、苦手な人はやめておいた方がいいかも。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する