DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

眼福

映画「高慢と偏見とゾンビ」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「Pride and Prejudice and Zombies」。

ゾンビとの闘いを続けている18世紀のイギリス。
ベネット家の5人姉妹は、「たしなみ」として少林寺拳法など武術を身につけて、ゾンビと戦っていた。
パーティーで長女のジェインは富豪のビングリーと、次女のエリザベスは大佐のダーシーと出会う。
ビングリーはジェインに一目惚れするが、ダーシーによって引き離される。
エリザベスは、少尉のウィカムがダーシーによって財産を奪われたことも知って、ダーシーの高慢さに苛立ちを募らせる。
一方でゾンビはその数を増やし、人間との全面対決が迫っていた。

エリザベスにリリー・ジェームズ。「シンデレラ」。
ダーシーにサム・ライリー。「マレフィセント」「ビザンチウム」。
ジェインにベラ・ヒースコート。「ダーク・シャドウ」。
ウィカムにジャック・ヒューストン。「アメリカン・ハッスル」。
ビングリーにダグラス・ブース。「ジュピター」「ノア 約束の舟」。
ベネットにチャールズ・ダンス。「ゴーストバスターズ」(新作)、「黄金のアデーレ 名画の帰還」。
監督はバー・スティアーズ。今作が初見。
プロデューザーにナタリー・ポートマン。

リリー・ジェームズに惹かれて観たのだが、まあ、それに尽きるなw
ストーリーは陰謀もあったりして、なかなか楽しめるが、リリー・ジェームズがほぼ出ずっぱりなので、眼福。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する