DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

メーデー

映画「ハドソン川の奇跡」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「Sully」。

機長のサレンバーガー(サリー)は、離陸したばかりの自機の両エンジンがバード・ストライクによって停止するという悲劇に見舞われる。
副操縦士のスカイルズと共に、機を立て直そうとするが断念、ハドソン川に「着水」する。
しかし、事故調査委員会はコンピューターのシミュレーションから、最寄りの飛行場に帰還することが可能だったと主張。
一躍英雄とされたサレンバーガーは、窮地に立たされる。

サレンバーガーにトム・ハンクス。
スカイルズにアーロン・エッカート。「エンド・オブ・キングダム」「ダークナイト ライジング」。
サレンバーガーの妻ローリーにローラ・リニー。「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」。
監督はクリント・イーストウッド。

実話がフィクション並みに衝撃的だっただけに、知らない人はいないだろう。
それだけにどう映画化するのか、楽しみにしていた。

結果、イーストウッド監督の、いつもの「淡々と」が今作も貫かれていて、ナショジオチャンネルの「メーデー」の方がスリリングではなかろうか、と思ったほど。
上に挙げた3人のほかは有名な俳優を使っていないので、余計にそう思えた。

★★★☆☆

<余談>
「ミュージアム」という映画の予告編をやっていたのだが、その中で「判決の結果、君は有罪」というコピーがあった。
言い回しがおかしくないか?
判決は「結果」なので、シンプルに「判決、君は有罪」でよい。
裁判でも「判決を言い渡す」が、「判決の結果を言い渡す」ことはない。

ま、いいけど。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する