DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

自信を持て

映画「ヤング・アダルト・ニューヨーク」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「WHILE WE'RE YOUNG」。

ドキュメンタリー映画作家のジョシュは、同じくドキュメンタリー監督の父を持ちプロデューサーでもある妻のコーネリアと、2人暮らし。
40代も半ばに近づき、子供も諦めている。
ある日、ジョシュは市民講座の講義でジェイミーとダービーの20代の夫婦に会う。
ジェイミーはドキュメンタリーの監督を目指していて、ジョシュの作品も観たという。
ジョシュとコーネリアは、レコードや手作り品などを愛用する若い2人の生き方に徐々に影響され始める。

ジョシュにベン・スティラー。「LIFE!」。
コーネリアにナオミ・ワッツ。「バードマン」。
ジェイミーにアダム・ドライヴァー。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。
ダービーにアマンダ・セイフライド。「テッド2」。
監督はノア・バームバック。今作が初見。

正直に言おう。
アマンダ・セイフライドが出ているから観た映画だ。
でも、「あれ?思ったより良い映画だね」と思えるかもと思ったが、ほとんど共感を覚えない作品だった。

私もすでに50代に限りなく近いが、今の若者の生き方に影響されることはない。
ラップも嫌いだしw

★★☆☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する