DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

知的なキャリー

映画「ラザロ・エフェクト」を観た。
公式サイトはこちら。

医学者のフランクと婚約者で学者のゾーイたちのチームは、死んだ生物を蘇生させる「ラザロ血清」の研究をしていた。
まずは犬で成功するが、日にちが経つと少しずつ犬の性格が凶暴になってきた。
折しも大学に研究が知られ、契約違反として中止を命じられ、さらにスポンサーだった医薬品会社に研究内容を没収されそうになる。
最後の実験の最中ゾーイが感電死するが、フランクはラザロ血清を使って生き返らせることに成功する。
しかし、ゾーイは次第に変化し始める。

フランクにマーク・デュプラス。「ゼロ・ダーク・サーティ」。
ゾーイにオリビア・ワイルド。「her/世界でひとつの彼女」「ラッシュ/プライドと友情」。
研究チームのニコにドナルド・グローバー。「オデッセイ」。
同クレイにエバン・ピーターズ。「X-MEN:フューチャー&パスト」「キック・アス」。
研究を撮影する学生エバにサラ・ボルジャー。今作が初見。
監督はデビッド・ゲルブ。ドキュメンタリー畑の人。

予告編で、「パラノーマル・アクティビティ」云々と言っていたので、てっきり「蘇ったら悪魔が乗り移っていた」ってな感じの話かと思っていたら違った。
いや、乗り移っていたのではなく悪魔そのものになっていた、という見方もあるか。
上映時間が90分弱なので、話がサクサク進んで分かりやすい。
ゾーイの超能力はキャリーっぽくてありきたりでつまらないが、オリビア・ワイルドの妖しい美しさがそれを補っている。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する