DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

ダイ・ハード2

映画「エンド・オブ・キングダム」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「LONDON HAS FALLEN」。

イギリスの首相が急死。
アメリカ大統領のアッシャーは、シークレット・サービスのバニングを伴って葬儀に出席するためイギリスに渡る。
西欧各国の首脳が集まる中、突然警護の警官らが首脳に向けて発砲。
バニングはアッシャーを連れて辛くも脱出するが、搭乗したヘリも撃墜される。
バニングは旧知のMI−6の元に逃げ込むが、そこにもテロリストが。
MI−6の中に内通者がいるようだ。
果たしてバニングは大統領を守りきれるのか。

バニングにジェラルド・バトラー。前作「エンド・オブ・ホワイトハウス」でも同役。「300 〈スリーハンドレッド〉」。
アッシャーにアーロン・エッカート。同上。「世界侵略: ロサンゼルス決戦」「ダークナイト」「エンド・オブ・ホワイトハウス」。
副大統領トランブルにモーガン・フリーマン。
監督はババク・ナジャフィ。今作がハリウッド・デビューのようだ。

今作も前作同様撃って撃って撃ちまくるw
そしてバニングの無敵ぶりも健在。
むしゃくしゃしている方は必見。

前作は北朝鮮が敵役だったが今作では、やはりイスラム系。
分かりやすいと言えば分かりやすいが、「敵」は身内にいる時代。
少々マンネリ感が漂う。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する