DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

視線

映画「さざなみ」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「45 YEARS」。

結婚45周年を祝うパーティーを1週間後に控えた、ケイトとジェフ。
その日、ジェフに一通の手紙が届く。
それは、ジェフの若き日の恋人の遺体が行方不明になっていた高山で見つかったというもの。
その日から、ジェフの心は微妙に変化し、ケイトもジェフの周りにその恋人の影を感じるようになる。

ケイトにシャーロット・ランプリング。「メランコリア」「わたしを離さないで」。
ジェフにトム・コートネイ。「ライラの冒険 黄金の羅針盤」。
監督はアンドリュー・ヘイ。今作が初見。

熟年夫婦の心の動きを、若干43歳の監督が、ここまで描ききるとは、良い意味で老成している。
また、シャーロット・ランプリングの視線が良い。
死んだ恋人に心を奪われていく夫を見る眼。
その冷たい視線は、どんな男だって震え上がるだろう。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する