DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

さなぎに注射?

某デジタル新聞の記事に、「(アオスジアゲハの)さなぎに蜂蜜を注射器で与えて育てている。」という一文があった。
ニュースソースはこちら。ただし、当該箇所はすでに修正ずみ。

「さなぎに注射?」
私は中学生の時分、ナミアゲハの飼育に凝ったことがあった。
自宅の庭にサンショウの木があって、そこにアゲハの幼虫がよくいたからだ。
祖母の家にあった古い蝿帳をもらって、そこにサンショウの枝とアゲハの幼虫を入れ、成虫になるまで育てていた。
成虫になったときの無傷の羽根の美しさは、いまでも覚えている。

たしかにさなぎは触るとイヤイヤをするように腹部を振るので「生きている」わけだが、しかし、そのさなぎに注射器で蜂蜜を与えるという飼育法があったのか?と、思わず記事を二度見してしまった。
ネットでも調べたが、成虫に蜂蜜を注射器で与える方法はあってもさなぎに与える方法は見つからなかった。
そもそも、生き物は摂取したら排泄するわけで、さなぎにそれができるとは思えなかった。
が、記事の取材対象者は医師。
ひょっとしたら新しい飼育法かもしれないと思っていたら、いつの間にか記事の「さなぎ」の部分が「成虫」に変わっていた。
紙の新聞によると、「記者の確認不足」だったそうな。

まったく、人騒がせな・・・。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する