DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

モンスター

映画「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」を観た。
公式サイトはこちら。

ナチスの親衛隊将校、アドルフ・アイヒマンがアルゼンチンで捕らえられた。
イスラエルで行われた裁判を中継すべく、テレビ番組プロデューサーのフルックマンは、米国のドキュメンタリー監督フルヴィッツを招く。
フルヴィッツは「赤狩り」によって10年以上も干されていた。
フルヴィッツはフルックマンが用意したスタッフと共に法廷の壁にカメラを埋め込み、判事から撮影の許可を得る。
そして公判が始まる。
防弾ガラスに囲まれた席につくアイヒマン。
フルヴィッツは、無表情を貫くアイヒマンの心の動きを捕らえようとするが・・・。

フルックマンにマーティン・フリーマン。「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ホビット」シリーズ。
フルウィッツにアンソニー・ラパーリア。「ジャンゴ 繋がれざる者」に出演していたようだ。
監督はポール・アンドリュー・ウィリアムズ。今作が初見。

随所に挿入されるホロコーストの映像に戦慄する。
「なぜアイヒマンは怪物となったのか」、フルウィッツはその答えを捜そうと、アイヒマンの表情を探るが、アイヒマンは無表情のまま。
それが余計に、人の心の奥に潜む「怪物」を想像させる。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する