DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

おひとりさま

東京都美術館で開催中の「生誕300年記念 若冲展」に行ってきた。
公式サイトはこちら。

私が向かったのは27日の午後2時頃。
「入場まで50分」ということだったが覚悟はしていたので甘んじて並ぶ。
館内も大混雑で、至近距離で作品を見ようとしたら、さらに10分ほど列に並ぶ必要がある。

満足感を得られないまま、グッズ売り場へ。
そこでも長蛇の列。
30分ほど並んでようやく会計。

並びながら思ったのだが、夫婦またはカップルで並ぶのは、この状況ではいかがなものなのか、ということである。
私の前にもざっと5組ほどのカップがいたのだが、もし、別々の会計ではないのだとしたら、財布を握っている人だけが並べば、それだけで5人分は少なくなる。
おそらくもっとカップの数は多いだろうから、それだけで混雑緩和にはなるだろう。
実際、友人同士で会計を頼んで並ばない人がいたが、見習うべきだろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する