DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

うさんくさい8人

映画「ヘイトフル・エイト」を観た。
公式サイトはこちら。

南北戦争後の猛吹雪が訪れようとしている荒野。
駅馬車の前に現れた賞金稼ぎのマーキス。
駅場所に乗っているのは、これも賞金稼ぎのルースと、彼に捕まった賞金首の女デイジー。
マーキスはルースに場所に乗せて貰うが、しばらくするともう1人、3人が向かう街で保安官になるというマニックスもひろう。
御者のOBと乗客5人は、猛吹雪を避けるために、「ミニーの紳士洋服店」に入る。
そこには、絞首刑執行人のオズワルド、ボブと名乗るメキシコ人、カウボーイのジョー、南軍の将軍だったスミザーズがいた。
しかし、店主のミニーとその夫がいないことに、マーキスは不信感をいだく。

マーキスにサミュエル・L・ジャクソン。
ルースにカート・ラッセル。
デイジーにジェニファー・ジェイソン・リー。
マニックスにウォルトン・ゴギンズ。「エージェント・ウルトラ」「ジャンゴ 繋がれざる者」。
オズワルドにティム・ロス。
ボブにデミアン・ビチル。「チェ」。
ジョーにマイケル・マドセン。「シン・シティ」「キル・ビル」。
スミザーズにブルース・ダーン。「ジャンゴ 繋がれざる者」「ホーンティング」。
隠れキャラ、ジュディにチャニング・テイタム。
監督はクエンティン・タランティーノ。

長い。167分もある。
しかし退屈させないのは、さすがクエンティン・タランティーノ。
なんとなく密室殺人ものかなと思っていたが、全く違った。
とにかく胡散臭い風貌の俳優ばかりなので、どんどん物語の中に引き込まれる。
最後の最後まで楽しませてくれた。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する