DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

勇気と無謀

映画「ザ・ブリザード」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「The Finest Hours」。

大嵐の海で真っ二つになったタンカー。
片方は沈み、もう片方には32人の船員が、エンジニアのシーバードの指示で、生き残るべく浅瀬を目指していた。
沿岸警備隊のバーニーは、3人の隊員と共に海へ乗り出すが、荒波でコンパスをなくす。
しかし、奇跡的に座礁していたタンカーにたどり着くが、救助艇の定員は12人だった。

バーニーにクリス・パイン。「スター・トレック」「イントゥ・ザ・ウッズ」。
シーバードにケイシー・アフレック。「インターテスラー」。
バーニーの恋人ミリアムにホリデイ・グレインジャー。「シンデレラ」。
バーニーの上司クラフにエリック・バナ。「ミュンヘン」「ハルク」「ブラックホーク・ダウン」。
監督はクレイグ・ギレスピー。今作が初見。

「SSペンドルトン号の救出劇」という実話を基にしているのだが、救出に向かった隊員たちの勇気は、作品を観る限り、まさに無謀と紙一重。
ほぼ全編荒れ狂う冬の海の上ということもあり、観ているこちらも凍えそうになった。
実話だからちょっと調べれば結末が分かるわけだが、そのうえでどうドラマチックにするかは、史実では分からない登場人物たちの心の描き方次第。
今作では、バーニーが無謀な救出に向かった「元」になった事件がよく分からなかったので、余計無謀さが前面に出た感じ。
ちょっと残念。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する