DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

仁義なき戦い

映画「ブラック・スキャンダル」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「Black Mass」。

1970年代のボストン南部。
FBIの捜査官コノリーは、ギャングのボス、ジミー・バルジャーに、情報流せば敵対するイタリアン・マフィアを押し出すと取引を持ちかける。
コノリーとジミー、そしてジミーの弟で上院議員のビリーはこの地区で育った幼なじみ。
ジミーはコノリーの話に乗るが、一方で自分の商売の邪魔をしたり、逆らった者は、仲間であろうと容赦なく殺した。
コノリーの上司マグワイアは、コノリーがジミーのかたを持ちすぎることに苛立ち、新任の検事ワイシャックは、ジミーを野放しにしているコノリーに圧力をかける。
一方でジミーはやりたい放題。
コノリーは次第に追い詰められていく。

コノリーにジョエル・エドガートン。「エクソダス:神と王」「遊星からの物体X ファーストコンタクト」。
ジミーにジョニー・デップ。
ビリーにベネディクト・カンバーバッチ。
マグワイヤにケビン・ベーコン。
ワイシャックにコリー・ストール。「アントマン」。
監督はスコット・クーパー。今作が初見。

ジョニー・デップ扮するジミーの冷たさにおののく。
まさに悪人の中の悪人。
実際にこういう人物がいたという事実にもまた驚く。
そして、コノリー。
ある意味、「情に厚い」人間なのだろうが、その向かう先が誤っていた。
まさに仁義なき戦いの世界。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する