DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

これまでで最高

さて、大雪に見舞われた福岡での坂本真綾さんのライブ。
今回で今回のツアーは、座間、東京2日、大阪と5会場目なのだが、一番良かった。
真綾さんのパフォーマンスは言うまでもなく、スペシャルゲストの登場もさることながら、真綾さん自身も語っていたのだが、「(会場にたどり着くという)すでに1つ事を成し遂げた」会場の一体感。
そして、私の座席の位置が、一番良かった。8列目という前寄りのほぼ中央。
しかも、目の座席の観客は終始座ったまま。
これまでの会場では4列目というのもあったのだが、あいにく前は背の高い男性でよく見えなかったりしたのだが、今回は最初から最後までステージのすべてが見渡せるという好条件だった。
これだけで6時間かけてたどり着いた甲斐があったというもの。

そして、今回の福岡行きのもう一つの目的が、ライブ会場の向かいにある福岡県立美術館で開催されている「没後40年 高島野十郎展」を観ること。
「カラスウリ」は以前何かの本で見て以来、惹かれていたものがあって、今回実物を観ることができた。
ただ、作品数が多いので、最後の方は慌ただしい感じで見ることになったのは誤算だった。

結局、私が乗る予定だった飛行機が福岡に着いたのは17時半近く。
おそらくライブの開始には間に合っただろうが、展覧会を観ることはできなかっただろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する