DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

血は争えない

映画「クリード チャンプを継ぐ男」を観た。
公式サイトはこちら。

グループホームにいたアドニスは、1人の女性に引き取られる。
女性はマエリー・アン・クリード。かつてロッキーと戦ったアポロの妻である。
そして、アドニスは、アポロと愛人の間に生まれた子だった。
アドニスは一流企業で昇進までするが、ボクシングへの夢を絶ちきれず、会社を辞め、フィラデルフィアへ向かう。
ロッキーは、レストランのオーナーとして暮らしていたが、アドニスの情熱にほだされてコーチを引き受ける。
アドニスは、世界戦を控えた相手をTKOで下し、次はチャンピオンのコンランと試合をすることになった。
そんなとき、ロッキーの体を異変が襲う。

ロッキーはシルベスター・スタローン。
アドニスにマイケル・B・ジョーダン。「ファンタスティック・フォー」(2015年版)。
アドニスの恋人ビアンカにテッサ・トンプソン。今作が初見。
コンランにアンソニー・ベリュー。俳優でありプロボクサー。
メアリー・アンにフィリシア・ラシャド。今作が初見。
監督はライアン・クーグラー。今作が2作目のよう。

「ロッキー」シリーズを映画館で観るのは、「ロッキー4/炎の友情」以来。
今作はいわゆるスピンオフという扱いのようで、タイトルにも「ロッキー」がない。
しかし、これはロッキーの映画と言っていいだろう。

興味深いのは、アドニスが不良ではない、というところ。
オープニングで、幼いアドニスが殴り合っているシーンがあるので、つい、不良がロッキーと出会い、偉大な父の跡を追う、という陳腐な展開を想像してしまうが、そうでないところが、この映画の見どころといえるだろう。
ロッキーにも「そのしゃべり方は学校を出ているな」と言われるくらいだから。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する