DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

まともじゃない

先日、永青文庫で開催中の「春画展」を観た。
平日の昼過ぎにもかかわらず、ものすごい数の客。
もともと浮世絵展というのは対象が小さいため、それを観ようとすると人だかりがおきやすい。
作品と作品の間隔が狭いと渋滞が起きて、1つの作品を観るのに何分も待つこともザラ。
春画展の会場は、もとは事務所として作られた建物なので、そんなに広いわけではない。
なので、大きな作品以外はまともに観ることができなかった。
ま、私が短気だ、ということもあるのだが。
私は早々に実物を観るのをあきらめて、図録で楽しむことにしましたよ。
もっともその図録も厚さ7センチと半端ないものだけど。

ブラジルレインボーボアの七重が脱皮。
七重151118

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する