DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

ライラの冒険(笑)

映画「PAN ネバーランド、夢のはじまり」を観た。
公式サイトはこちら。

孤児のピーターは、空飛ぶ海賊、黒ひげに、他の子供たちと連れ去られる。
行き先はネバーランド。
そこでピーターはフックと出会い、黒ひげの採掘場から脱出、先住民たちの村へ。
村ではプリンセスのタイガー・リリーたちが妖精の国を守っていた。

ピーターにリーヴァイ・ミラー。今作が初見。
黒ひげにヒュー・ジャックマン。
フックにギャレット・ヘドランド。「トロン: レガシー」「トロイ」。
タイガー・リリーにルーニー・マーラ。「her/世界でひとつの彼女」。
ピーターの母親メアリーにアマンダ・セイフライド。
監督はジョー・ライト。「ハンナ」。

吹き替え版ではメアリーの声を坂本真綾さんが当てているのでそちらを観たかったが、時間が合わず断念。

ピーターがピーターパンになる前日譚。
ディズニーアニメのピーターパンは私が好きな作品の1つ。
ちなみに故ロビン・ウィリアムズが演じたスピルバーグの駄作「フック」は、私が嫌いな作品の1つ。いい年のオヤジにタイツなんかはかせるんじゃねえよ。

さて、子供が主役の場合、周りを名優たちで固めるというのが映画の常套手段。
今作もヒュー・ジャックマンやアマンダ・セイフライド、ルーニー・マーラと言った主役級の俳優を揃えた。
その上で、あえて言うが、つまらない。
ストーリー展開にまったく工夫がない。
ピーターとフックが仲間だったという設定は工夫の内には入らない。
ピーターパン作品で重要な設定の一つがフックとワニの関係だが、これも突っ込み不足。

さて、子供が主役の場合、周りを名優たちで固めるというのが常套手段と書いたが、この映画を観ていて思い出したのが、2008年公開の「ライラの冒険 黄金の羅針盤」。
このときも脇をダニエル・クレイグ、ニコール・キッドマン、サム・エリオットらが固めたが、正直、どんなストーリーだったか思い出せないぐらいつまらなかった。

★★☆☆☆

真綾さん、ごめんなさい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する