DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

どん詰まり

映画「ヴィジット」を観た。
公式サイトはこちら。

ベッカとタイラーの姉弟は、ママが恋人と過ごす間、祖父母の家へ遊びに行くことになった。
ママは若い頃、別れたパパと駆け落ちして以来、祖父母とは仲違いしたままだった。
祖父母の家に着いたベッカとテイラーは、楽しい1週間が始まると胸を膨らませるが、次第に祖父母の奇怪な行動に恐怖を感じ始める。

ベッカにオリヴィア・デヨング。
タイラーにエド・オクセンボウルド。
祖母にディアナ・ダナガン。
祖父にピーター・マクロビー。以上、初見。
ママにキャスリン・ハーン。「LIFE!」。
監督はM・ナイト・シャマラン。

物語はベッカとタイラーが回すビデオとパソコンのカメラの映像で構成される。
おいおい今頃そんな撮影手法かよ・・・と思ったが、まあ、M・ナイト・シャマランが撮ったらどうなるのかと思ったら、コレが中途半端。
ところどころに夜景が入る妙な編集がされていて、「いったいどういう風に作りたいんだよ!」と叫びたくなった。
ストーリーもヒネリがなく、夜になるとガサゴソするだけ。
最終日に恐怖が一気にはじけるのも定番過ぎる。

役者が一生懸命演技しているのに、この監督ときたら・・・。

なお、予告編にある「三つの約束」は本編には登場しないので、期待しない方が良い。

★★☆☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する