DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

もう観たくない

映画「カリフォリニア・ダウン」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「San Andreas」。断層の名前だね。

ロスのレスキューヘリのパイロット、レイは、離婚寸前の妻エマと娘のブレイクに会いに行く。
そこで待っていたのは、エマの恋人ダニエル。
ダニエルはブレイクを大学に送り届けるためにサンフランシスコへ行くが、そこで大地震に遭遇。
揺れはロスにも届き、レイは間一髪のところでエマを救出する。
しかし、ブレイクは地下駐車場で車の中に閉じ込められてしまった。

レイにドウェイン・ジョンソン。「ヘラクレス」。
エマにカーラ・グギノ。「エンジェル ウォーズ」。
ブレイクにアレクサンドラ・ダダリオ。「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海」。
ダニエルにヨアン・グリフィズ。「ファンタスティック・フォー」。
地震を予知する教授ローレンスにポール・ジアマッティ。「アメイジング・スパイダーマン2」。
監督はブラッド・ペイトン。今作が初見。

ストーリー展開は単純だが、スリルのある見せ場があちこちにあって飽きさせない。
しかし、サンフランシスコを津波が襲うシーンは、3・11をどうしても思い出してしまい、思わず涙が出た。
ラストにレイの発する一言は、被災者にとっては「所詮は他人事」と思われるかもしれないが。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する