DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

やなこった、へへーん

映画「攻殻機動隊 新劇場版」を観た。
公式サイトはこちら。

軍人たちが籠城する事件が発生。
草薙素子少佐は総理補佐官から直に制圧命令を受け、鎮圧に成功。
しかし、人質がハックされ、軍人たちを殺害してしまう。
折しも、総理が爆破テロによって死亡、居合わせた草薙の元上司クルツも巻き込まれてしまう。
草薙はバトーらチームと共に捜査を開始する。

草薙素子の声に坂本真綾。
監督は野村和也、総監督に黄瀬和哉。

劇場版の第1作「GHOST IN THE SHELL」の前日譚と言える長編作品。

それにしても攻殻も25周年か。
25年前といえば私はまだ20代、入社5年目で職場でもブイブイ言わせていた生意気盛りであった。

ストーリーは例によって情報量が膨大ではあるものの分かりやすく、初めて攻殻を観る人でも受け入れやすいのではなかろうか。
また、ラストは攻殻ファンなら思わずニヤリとしてしまうだろう。
もっとも原作の台詞よりもだいぶ上品だが。
少佐も25年経って、成長したということか。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する