DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

悪行三昧

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「Mad Max: Fury Road」。

ガソリンと水が貴重となり、暴力が支配する世界。
マックスは愛車に乗って放浪していたが、暴君イモータン・ジョーが率いる軍団に捕まる。
折しも軍団の女幹部フュオリサがジョーの女たちを連れて逃亡。
マックスは軍団の下っ端ニュークスに血液を与え続けるために、フュオリサを追跡する車にくくりつけられてしまう。
壮絶な追跡劇の末に逃亡に成功したマックスは、フュオリサたちと行動を共にする。

マックスにトム・ハーディ。「インセプション」「ダークナイト ライジング」。
フュオリサにシャーリーズ・セロン。「スノーホワイト 」「プロメテウス」。
ジョーにヒュー・キース・バーン。「スリーピング ビューティー/禁断の悦び」。
ニュークスにニコラス・ホルト。「X-MEN: フューチャー&パスト」「ウォーム・ボディーズ」。
監督はジョージ・ミラー。「マッド・マックス」シリーズ。「ハッピー フィート」。

実に27年ぶりのシリーズ最新作。
個人的には第1作目が好きで、2作目以降は少々コミック的すぎるのでイマイチ乗れない。
とはいえ、その荒廃した世界は、「スター・ウォーズ」「ブレードランナー」「エイリアン」と並んで、その後のSFに大きな影響を与えたと言っていいだろう。

今作でも世界の荒廃ぶりは健在w
ほぼCGを使っていない(公式サイトには「CGを排除した」とあるが)画面も迫力満点。
欲を言えば、ジョーがなぜ暴君となりえたか、女に固執する理由をもう少し掘り下げて欲しかった。

何も考えたくない時に見る映画としては最高だろう。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する