DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

鍵を握るのは

映画「トゥモローランド」を観た。
公式サイトはこちら。

少年フランクは、ニューヨーク万国博覧会で自作のロケットパックを発明コンテストに持ち込むが、担当者のニックスに門前払いにあう。
そこへアテナと名乗る少女が現れ、フランクにバッジを渡す。
バッジを胸につけたフランクは、アテナを追って「イッツ・ア・スモール・ワールド」のアトラクションに乗り込むと、未知の都市へたどり着く。
そこは高度に発達した世界だった。

少女ケイシーは、NASAの技術者の父の影響でロケット好き。
ロケット発射場の解体を阻止すべく乗り込むが、捕まってしまう。
釈放されたものの、不思議なバッジを手に入れる。
それに触ると未知の世界へトリップするのだ。
ケイシーの元に現れたアテナは、彼女をフランクの元へ連れて行く。
そこには中年となった少年フランクが、厳重な警備の家に住んでいた。

フランクにジョージ・クルーニー。
アテナにラフィー・キャシディ。「ダーク・シャドウ」「スノーホワイト」。
ケイシーにブリット・ロバートソン。今作が初見。
ニックスにヒュー・ローリー。同上。
監督はブラッド・バード。「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」。

今作の見どころは渋いジョージ・クルーニーと、美少女2人の掛け合いだろう。
特にアテナのアクションは見物。
・・・・もちろん、ストーリーもそれなりに楽しめた。

ただw、今の世界と異世界の関係が今ひとつ分かりにくかった。
また、ケイシーがどうして地球を救う鍵なのか。
なぜアテナは今の世界に来ることができたのか。
そこさえクリアにできていればもっと楽しめたと思うのだが。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する