DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

べつにいいんじゃない?

日本動物園水族館協会が、追い込み漁で捕まえたイルカの入手をやめることにした。
ニュースソースはこちら。
英断、と言っていいのかもしれない。
見方によっては外国側から突きつけられた最後通牒に屈したかたちになるだろうけど、観る側としては、孤立を選ぶほどの問題ではないように思える。
むしろ、孤立することによってイルカ以外の動物の展示に影響が及ぶ方が困る。

私は水族館が好きで、新しい土地に行くとそこにある水族館を観に行く。
でもイルカショーやアシカショーは、特別楽しみにしているわけではなく、時間が合ったら観るか、程度。
たとえ「今日はイルカショーはお休みです」と言われても、別に悔しくとも何ともない。
むしろ、水中を自由に泳ぐイルカたちの姿を見ている方がずっといいと感じるぐらいだ。

動物園は近年、自然な姿を見せることに重点をおいていて、よこはま動物園ズーラシアは、草食動物と肉食動物を同じ場所で展示している。
水族館も「水をどう囲うか」という問題はあるにせよ、より自然な姿で見せる時代にきているのではなかろうか。

それにしても、日本動物園水族館協会のホームページに今回の問題について、何も触れられていないのは、いかがなものかと思う。
これひとつとっても「閉鎖的」という冠をかぶせたくなる。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する