DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

親の顔が見たい

映画「クラウン」を観た。
公式サイトはこちら。

クラウンとはピエロのこと。
ケントは不動産業者で、今日も持ち主が死んだ屋敷にいた。
そこへ、妻メグから、息子ジャックの誕生日に呼んでいたピエロが来られないという連絡が入った。
ケントは屋敷にたまたまあったピエロの衣装を身につけ、ジャックの誕生日を盛り上げる。
しかし、その衣装は脱げず、それどころかケントの精神を侵し始める。
ケントは衣装の元の持ち主カールソンが衣装を脱がすことができるというので訪問するが、カールソンはケントの首をはねようとする。

ケントにアンディ・パワーズ。テレビドラマ畑のようだ。
メグにローラ・アレン。同上。
カールソンにピーター・ストーメア。「ロスト・ワールド」「アルマゲドン」。
監督はジョン・ワッツ。今作が本格デビューのようだ。

監督がユー・チューブに投稿したニセの予告編が製作者の目にとまって本作が生まれたようだ。
しかし、着眼点が良いだけに、ストーリー展開がありふれていて残念。
もう一ひねりできていたら。

★★☆☆☆

ところで、私が観た回では、私の前の列に中学生のグループが座ったのだが、本編が始まっても、ヒソヒソ、クスクス。
たまりかねて、「君らうるさいよ、ちょっと」と注意した。
まったく、躾がなっていないよね。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する