DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

意外と名作かも?

映画「プリデスティネーション」を観た。
公式サイトはこちら。

1970年のニューヨークは、連続爆弾魔に恐れおののいていた。
そんな街の酒場に現れた1人の男。
バーテンダーは、酒1瓶をかけて、ジョンと名乗る男の身の上話を聞くことになる。
ジョンはかつて女性だったが、数奇な運命をたどり、男となった。
そして、自分を捨てて去った1人の男を捜している、と。
バーテンダーは、その男とジョンを会わせると言い、酒場の地下へ導く。
そして、自分は時間を飛び越えて犯罪を防ぐ捜査官だと告げる。
半信半疑のジョンだが、2人は過去へと飛ぶ。

バーテンダーにイーサン・ホーク。「6才のボクが、大人になるまで」。
ジョンにサラ・スヌーク。「スリーピング ビューティー/禁断の悦び」に出ていたそうだが。
捜査官の上司ロバートソンにノア・テイラー。「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。
監督はピーターとマイケルのスピエリッグ兄弟。「デイブレイカー」。

タイム・トラベルものは好きだ。
今作は、タイムパラドックスがメインテーマと言うことで期待して観た。

序盤はジョンの物語がメインで、それがどうタイムトラベルとつながるのかな、と思い始めたところで、怒濤のタイムジャンプが始まる。
ジャンプ先が過去だったり未来だったりするので、途中でややこしくなったがw、衝撃のラストが。
これはひょっとしたら名作か。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する