DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

良いところ取り

映画「ベイマックス」(吹き替え)を観た。
公式サイトはこちら。

ロボット作りの天才少年ヒロは、闇のロボット・バトルで勝利するが、負けた相手に狙われる。
そこを救ったのは兄のタダシ。
タダシは大学で仲間たちとロボットを研究していた。
そこでヒロは、タダシが作ったケアロボット、ベイマックスと出会う。
タダシの教師でヒロが尊敬するキャラハン教授に励まされ、ヒロは、大学入学のプレゼンで画期的なマイクロボットを発表し入学を許される。
しかし、会場は突然火に包まれ、タダシが巻き込まれてしまう。
タダシを失ったヒロは、すべてにやる気を失うが、そんなヒロの前にベイマックスが現れる。

監督はドン・ホール。

舞台は架空の都市サンフランソウキョウ。
アメリカ西海岸と東京が合わさったような街は、ところどころに和風のテイストがあるのだが、これが嫌みでないのがいい。
物語の展開も、鉄腕アトムだったり、宮崎アニメだったり、AKIRAだったりと、日本のアニメの良いところを、良い具合に盛り込んでいるのもいい。
まったくストレスが感じなく観られたのが一番いい。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する