DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

強すぎ

映画「イコライザー」を観た。
公式サイトはこちら。

ホームセンターで働くマッコールは、職場の仲間から慕われる好人物。
夜は24時間カフェで、お茶を飲みながら読書するのが日課。
そのカフェには、娼婦のテリーも入り浸っていた。
マッコールとテリーは本を通じて次第に打ち解けるようになる。
テリーが、娼婦の元締めのロシアン・マフィアに半殺しにされたことを知ると、元締めの事務所へ赴き、テリーから手を引くよう金を渡す。
しかし、元締めは拒否。
マッコールはあっという間に元締めや用心棒たちを始末する。
だが、ロシアン・マフィアの親玉は、手下を殺した者を探すため、殺し屋を差し向ける。

マッコールにデンゼル・ワシントン。
テリーにクロエ・グレース・モレッツ。
監督はアントワーン・フークア。「トレーニング・デイ」「エンド・オブ・ホワイトハウス」。

とにかくマッコールが強すぎ。
周りにあるものを手当たり次第に「活用」して、あっという間に殺す。
あまりに強いんで、マフィアたちが弱すぎるんじゃないか?と思ってしまうほど。
クライマックスで殺し屋と対峙するんだけど・・・。

クロエちゃんは娼婦という役所なので化粧も濃いめで衣装も露出度がちょい高め。
でも途中でグロッキーしちゃうんで、それからは全く出番なし。
その間に「イフ・アイ・ステイ」に出ていたのかな。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する