DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

癒やされる

映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ 」を観た。
公式サイトはこちら。

イギリスの片田舎に住むティムは、21歳になると、父親に呼ばれ、「我が家の男子には、過去へのタイムトラベルができる能力が生まれる」と告白される。
疑いながらも試してみると、過去へ戻ることができた。
ティムは、妹キットカットの知り合いの女性シャーロットのハートを射止めようとタイムトラベルの能力を使うが失恋。
彼女を作るためにロンドンへ出たティムは、そこでメアリーに出会い、電話番号を聞き出す。
しかし、下宿の大家である脚本家を助けるためにタイムトラベルしたため、メアリーの電話番号が消失。
ティムはメアリーと出会うために、彼女が好きな写真家の展覧会に張り付く。
メアリーと再会したティムは、タイムトラベルの能力を生かして彼女のハートを射貫くことに成功、幸せな日々を過ごす。
そんなティムに、ある選択が訪れる。

ティムにドーナル・グリーソン。「わたしを離さないで」。「スター・ウォーズ:エピソード7」にも出るそうな。
メアリーにレイチェル・マクアダムス。「消されたヘッドライン」「シャーロック・ホームズ」。
ティムの父にビル・ナイ。
シャーロットにマーゴット・ロビー。今作が初見。
監督と脚本はリチャード・カーティス。「パイレーツ・ロック」。

予告編も観ていなかったし、予備知識もなくて、「タイムトラベルもの」というだけで観たのだが、大正解だった。
とにかく、登場人物の描き方が丁寧。
とくに女性をとても魅力的に描いている。
レイチェル・マクアダムスは笑顔がチャーミングだし、マーゴット・ロビーはセクシーな視線がたまらない。
キットカット役のリディア・ウィルソンも、そのキレ気味の役所をうまく演じている。

これまでも書いているが、タイムトラベルというと、タイムパラドックスをいかにして解消するか、という点がミソ。
「過去に戻ったら、過去の自分はどうなるのだ、なんて考えは野暮。そんなことはどうでもいい」と言わんばかりの無視っぷり。
潔い。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます~

さっそく★4つのアバウト・タイムを嫁と長男と見に行って来ました! 私の大好きな恋愛映画でワンモアタイムと変わらないくらいの名作でしたね~

しかし長男は私と嫁に挟まれてどうだったのかな、、w
引き続き★4つを楽しみにしてます~~

有田毒蛙 | URL | 2014年10月20日(Mon)10:44 [EDIT]


有田毒蛙さん>

コメントありがとうございます。
私の★4つを楽しみにしていただいている方がいらっしゃったとは!

dendrobates | URL | 2014年10月22日(Wed)00:48 [EDIT]