DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

可愛いから許す

映画「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」を観た。
公式サイトはこちら。

チェロに熱中している高校生のミアは、ロック・バンドの人気者アダムとつきあっていた。
その幸せな日々は、ミア一家が交通事故に遭い、ミアだけが生き残ったことで一転する。
幽体となったミアは、自分を見舞ってくれる人々との過去と現在を見つめる。

ミアにクロエ・グレース・モレッツ。
アダムにジェイミー・ブラックリー。今作が初見。
監督はR・J・カトラー。ドキュメンタリー畑の方のよう。

原作は「ミアの選択」で世界18か国で翻訳出版されているそう。
クロエが主演でなかったら、まず、観ない作品。

物語は、現在と過去を行きつ戻りつしながら、ミアとアダムの恋物語を軸に、家族や親友とのつながりを、幽体となったミアが再認識していく、というもの。
最近、こういう展開の映画が多いね。

ミアはチェロが巧くてジュリアーニ音楽学校の実技試験を受けるまで登り詰める。
アダムはバンドが好調で、レーベルからも声がかかるほど。
こんなカップルを、神様が引き離す分けないじゃない。

繰り返すが、クロエが主演でなかったら、まず、観ない。

★★★☆☆



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する