DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

助演女優

映画「プロミスト・ランド」を観た。
公式サイトはこちら。

天然ガスを開発するため、大企業のやり手社員スティーブは、同僚のスーとともに、農業以外これといった産業のない田舎町にやってきた。
この町にはシェールガスが埋蔵されているため、2人は、農場主たちから採掘権を買うために派遣されたのだ。
その説明会で、スティーブは高校教師であり科学者、もとボーイング社の社員というフランクに、シェールガスの採掘法に関する危険性を指摘される。
そして採掘に賛成するかどうか多数決をとることになってしまう。
また、環境保護団体のダスティンも現れ、スティーブたちの行動は、次第に町の反発を買うようになる。
いっぽうで、小学校教師のアリスとは意気投合、気になる存在となる。
スティーブは、投票に勝つためにフェスティバルを企画するが大雨で中止。
はたして、スティーブたちに勝ち目はあるのか。

スティーブにマット・デイモン。
スーにスランシス・マクドーマンド。「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」。
アリスにローズマリー・デウィット。今作が初見。
ダスティンにジョン・クラシンスキー。同上。
フランクにハル・ホルブルック。「イントゥ・ザ・ワイルド」。
監督はガス・ヴァン・サント。「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」「ミルク」。

アクションがあるわけでもないし、サスペンスやスリラーでもない。
でも、なぜかハラハラしてしまう。
演出の巧みさ故か。

今作では、スー役のスランシス・マクドーマンドがいい味を出していた。
スティーブとの軽妙なやりとりや、残してきた家族への思い、雑貨屋店主との淡いロマンスなど、主役のマット・デイモンを食ってしまった感がある。

ただ、ラストのスティーブの善人ぶりが少々鼻についたのは私だけだろうか。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する