DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

女鉄雄

映画「LUCY/ルーシー」を観た。
公式サイトはこちら。

マフィアの取り引きに巻き込まれたルーシー。
体内に薬物を埋め込まれ運び屋に仕立てられるが、暴行を受けた際にその薬物が漏れ出してしまう。
しかし、それによって、彼女の脳は「100%の活用」に向かって「進化」を遂げていく。

ルーシーにスカーレット・ヨハンソン。
脳科学者ノーマン博士にモーガン・フリーマン。
監督・脚本はリュック・ベッソン。

予告編通りの展開。
薬物によって超人的な力を手に入れる、というのはすでに大友克洋の名作「AKIRA」で取り上げられている。

それにしても、クライマックスのルーシーの振る舞いは、鉄雄のそれと酷似しすぎ。
「パクリ」とまでは言わないけれど、「類似品」というレベルか。

しかしながら、パリの街中でのカーチェイスは、さずがリュック・ベッソンといったところ。
このオリジナリティを脚本にも生かしてほしかった。

★★☆☆☆

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する