DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

ガメラ的ゴジラ

映画「GODZILLA/ゴジラ」を観た。
公式サイトはこちら。

フィリピンで発見された謎の卵。
その卵は強力な放射能を放っていた。
遠く離れた日本の原発。
ジョーは謎の振動波を調査していたが、突如大きな揺れが原発を襲う。
ジョーの妻サンドラは調査のために炉心に向かっていたが、崩壊。
15年後、ジョーの息子フォードは米軍で爆弾処理を担当していた。
久々に帰国したフォードの元にジョーが原発の立ち入り禁止区域で捕まったという知らせが。
日本に向かったフォードは、ジョーと共にかつて家があった立ち入り禁止区域に向かい、ジョーが研究していた資料を回収するが、監視員に捕まってしまう。
かつて原発のあったところには大規模なプラントが建造され、そこでは芹沢博士らがフィリピンで発見した卵を研究していた。
しかし、研究中に卵がふ化、巨大なモンスターがプラントを破壊し、飛び去ってしまう。
「ムートー」と名付けられたモンスターは何かに引き寄せられるように太平洋を東へ渡り、ハワイへ。
そして、それに呼応するかのように、もう一体のモンスターが海を渡っていた。

ジョーにブライアン・クランストン。「ワールド・ウォーZ」。
フォードにアーロン・テイラー=ジョンソン。「キック・アス」。
芹沢に渡辺謙。
サンドラにジュリエット・ビノシュ。「インフリッシュ・ペイシェント」。
監督はギャレス・エドワーズ。

予告編だけの情報でゴジラ以外にも怪獣が出るとは思わなかったので、ちょっとびっくり。
全編を通して、スタッフはかなり日本のモンスター映画を研究したとみた。
次々に場所を移しながら展開する対怪獣作戦といい、怪獣相手のリアルな作戦といい、平成ガメラ的な展開。
途中のゴジラの振る舞いも、破壊者ゴジラというよりも、守護神ガメラ的。
ついでにいうと、敵役の怪獣はギャオス的。

なかなかゴジラの全身像や、ムートーとの対決シーンの全容をみせずに焦らしたうえで、クライマックスではたっぷり戦闘シーンを見せる所などはハリウッド的で、心憎い演出。

十分楽しめる作品だが、水爆実験、原発崩壊、津波と、日本や日本人を襲った災厄をこれでもかと映像化されると、なんだか切ない気持ちに。
そのうえ芹沢博士の父親は広島原爆の犠牲者という設定。

ここでも、スタッフは日本を研究しているのだな、と思った次第。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する