DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

オーバー18

映画「ダイバージェント」を観た。
公式サイトはこちら。

未来、戦争後のシカゴ。
市民は平和に暮らすため、5つの共同体に分かれて生活していた。
政治を司る「無欲」の共同体の娘ベアトリスは、どの共同体に適しているかテストを受ける。
その結果はどの共同体にも属せない「異端者=ダイバージェント」。
しかし、試験官の計らいで結果は伏せられ、最終選択では警察・軍隊の「勇敢」を選ぶ。
勇敢では教官のフォーに鍛えられ、徐々にその才覚を現していくベアトリス。
しかし、知識を司る「博識」が、無欲から政権を奪還すべく、ある計画を練っていた。

ベアトリスにシェイリーン・ウッドリー。今作が初見。
フォーにテオ・ジェームズ。「アンダー・ワールド」シリーズ。
博識のリーダー、ジャニーヌにケイト・ウィンスレット。
監督はニール・バーガー。「幻影師アイゼンハイム」は好きな作品。

導入部分から、アメリカのティーンエイジ向け映画の臭いがしていたが、その通りの展開。
ベアトリスとフォーのラブストーリー、時々アクション、てな感じ。
139分のうち、クライマックスまでに100分近くかかって、思わず時計を確認してしまいましたよ。
クライマックスも予想の範囲内。
続編をうかがわせる終わり方だが、観に行かないだろうな。

でも主演のシェイリーン・ウッドリーが好みだったから★を1つプラス。

★★☆☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する