DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

超人過ぎて

映画「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」を観た。
公式サイトはこちら。

洋上でテロリストに占拠されたシールドの船を救出するため、キャプテン・アメリカことロジャースは、ブラック・ウィドウことナターシャらと出動。
救出に成功したものの、ナターシャは船の機密情報を入手するという不審な行動。
帰還したロジャースは、フューリー長官から、空中空母と人工衛星で人類を監視する計画を明かされる。
しかし、フューリーは理事のピアースと会談した後、左手が鋼鉄義手の男に襲われ、ロジャース、ナターシャも命を狙われる。
ロジャースらは退役軍人のウィルソンにかくまわれ、謎を解こうと動く。

ロジャースにクリス・エヴァンス。前作に引き続き。
ナターシャにスカーレット・ヨハンソン。同上。
フューリーにサミュエル・L・ジャクソン。同上。
鋼鉄の腕の男ウィンター・ソルジャー=バッキーにセバスチャン・スタン。同上。
ピアースにロバート・レッドフォード。
ウィルソンにアンソニー・マッキー。「崖っぷちの男」。
監督はアンソニーとジョーのルッソ兄弟。今作が初見。

今回はブラック・ウィドウが活躍しているのが個人的にうれしい。
展開もアクションに次ぐアクションで飽きさせない。
ロジャースは超人なので当たり前なのだが、今作ではさらにうんざりするぐらい超人過ぎ。
ラストでは、はしょりすぎだろう、と思うぐらいの超人ぶりも。
ま、キャプテンだし、主人公だからいいけど。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する