DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

もういいよ

映画「パラノーマル・アクティビティ 呪いの印」を観た。
公式サイトはこちら。

高校を卒業したばかりのジェシーは、ビデオカメラに夢中。
ある夜、階下の女性が何物かに殺害される。
空き家になった部屋に忍び込み、不気味な地下室へ入り込むと、そこには子供頃の自分の写真が。
そして、ジェシーの腕に歯形のような跡が現れてから、彼や彼の周囲に異常な現象が起き始める。

監督はクリストファー・ランドン。今シリーズ2作目からの脚本を担当しているという。

依然として、モキュメンタリーのスタイルを取っているが、どんなに焦っていても対象からフレームが外れないので、もはやどうでも良くなった感じw
今回は、例のケイティとクリスティの話とは直接つながらない、パラレル的なストーリーのようだ。
悪魔が現れるときの「ボボボボ」というノイズがすると、こちらの期待も高まるのだが、なんかイマイチ。
ネタ切れ感がありあり。

★☆☆☆☆

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する