DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

映画「LIFE!」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY」。

雑誌「LIFE」で写真のネガの管理をしているウォルター・ミティは、社員のシェリルに密かに恋心を抱いていた。
また彼は、電話の最中でも突拍子もない超現実的な妄想には入れる特異な体質を持っていた。
LIFEが休刊するため、外部から整理担当のテッドが送り込まれてくる。
LIFE最終号の表紙の写真は、いまだにフィルムで撮っているショーン・オコネルがウォルターに送ってきたが、ショーンが指定していた「25番」のネガが、抜け落ちていた。
テッドは「25番」を見せるように催促するが、ウォルターは理屈を付けて引き延ばし、ショーンの居場所を探る。
そして、ショーンがグリーンランドにいるらしいということを突き止め、衝動的に飛行機に乗る。

ウォルターにベン・スティラー。「ナイト・ミュージアム」。今作の監督も。
シェリルにクリステン・ウィグ。「宇宙人ポール」。
テッドにアダム・スコット。「ピラニア3D」w
ウォルターの母親にシャーリー・マクレーン。
ショーンにショーン・ペン。
私が観たのはもちろん字幕版。

ウォルターの極度の妄想癖という設定がいい。
妄想への入り方も、ごくごく「自然」。
なので、彼が繰り広げる冒険が、現実なのか、妄想なのか、観ている方も分からなくなってくる。
また、ベン・スティラーが監督だけあって、思わずフッと笑ってしまう、軽いユーモアも散りばめられている。
たとえはベタだが「大人のおとぎ話」という趣の作品。

★★★★☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する