DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

血湧き肉躍る

弥生美術館「生誕110年 降臨!神業絵師 伊藤彦造という男 ペン一本で極めた挿絵道」展を観た。
会場の弥生美術館は、こんな門構え。
弥生美術館1
弥生美術館2
かの東大に隣接しているこぢんまりとした美術館。
竹久夢二美術館は棟続きである。
伊藤彦造という画家の名前はすっかり忘れていたが、その絵は、私の父が持っていた画集でよく知っていた。
勇ましい武者の絵や妖艶な女性の絵は、劇画にも通じる。
原画や印刷された絵などを見ながら、画家の生涯を追体験する展示方法。
せっかくの精密なペン画なので、近くで見たいのだが、ガラスケースに入っている作品が多く、ちょっと残念。

その後は、シアタークリエで「ダディ・ロング・レッグズ」の特別追加公演。
主演者の間では、なんでも「レジェンド公演」と呼んでいるそうな。
終演後には、バックバンドのバンマス、林アキラさんを交えてのスペシャル・トーク・ショーも。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する