DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

巨匠

みやざきアートセンターで「奇跡を体感せよ。生賴範義展」を観た。
公式サイトはこちら。

ようやく行ってきた!
本当は先月行くはずだったのだが、あの大雪で飛行機が飛ばず断念。
そして、ようやく、ようやく今日行ってきた。
できれば宮崎で一泊してあちこち観てきたかったが、1日しか休みがないのでこの展覧会を観るためだけに行ってきた。

生賴範義さんといえば、あの「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」のポスターを描いたことで有名。
その生賴さんの展覧会が宮崎で開かれるというのは、寺田克也さんのブログを読んで知った。
そのときは大阪に住んでいたので、「新幹線でのんびり行って、博多で一泊しようか」などと思っていたのだが、チケット購入後に東京へ来てしまった。

今展覧会は、現在宮崎に住んでいる生賴さんの画業を紹介するというものだが、氏の作品は数が多すぎるうえ、会場も決して広いとは言えなさそうなので、一抹の不安を覚えながらの出発となった。

朝の5時に起きて、羽田へ。
7時25分発のJAL便に乗る。
おうらい1

おうらい2
進行方向の右側の席を取って正解。
富士山がくっきり見えた。
おうらい3
南国ですよ宮崎は。
おうらい4
暖かいを通り越して暑い。
会場までタクシーで行く。運転手さんは建物の名前を聞くのが初めてらしく、ホームページの地図を示したら「ああ、あそこね」。
20分足らずで到着。
おうらい5

おうらい6

おうらい7

いやあ、感動しましたよ。
新生ゴジラシリーズの一連のポスター原画や、小松左京さんや平井和正さんの本のカバー画、宮本武蔵の挿絵などの実物が間近で見られる。
もちろんTESBのポスター原画も。
会場では一部撮影可能なスペースも。
おうらい8
でも写真を撮っている人は少なかったな。

見終わって思ったのは、ぜひ東京でもやって欲しい、ということ。
できれば手がけたポスター全部披露して欲しい。

さて、せっかく宮崎まで来たのだからと、宮崎牛を食べようとしたのだが、目的の店があいにく日曜日定休。
宮崎駅まで歩けば何かあるだろう、と思って行ったら、駅にレストランが。
入って、宮崎牛のステーキとハンバーグのセットを注文。
おうらい9
目の前に熱々の鉄板が据えられて、さて、と口に運んだら・・・うーん、中が冷たい。
どうやら、鉄板で温めながら食べるということらしいが・・・。
複雑な気持ちを押さえながら完食。

再び空港までタクシーで戻り、14時25分のJAL便で戻って来た。
おうらい10
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する