DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

駆け足

練馬区立美術館で「野口哲也展−野口哲也の武者分類図鑑−」を観た。
公式サイトはこちら。
野口哲也140311

このあと映画を観る予定だったので、余裕を持って出かけたつもりが、乗り換えの練馬駅で、私が乗る前の電車が車両故障。
10分ほど待ったがちっとも動かない。
別の日にしようか悩んだが観られる補償はないのでタクシーで向かうことに。
ところが運転手が「練馬区立美術館? あったけかな」って、おいおい。
グーグルマップで私がナビすることに。
が、運悪く赤信号に引っかかりまくりで、予定より30分も時間をロス。

しかし、大きな美術展ではなさそうだから、大丈夫だろうと思ったが、これが見誤り。
なかなか中身が濃く、残り時間ではじっくり見られず、駆け足になってしまったのが残念。

野口哲也さんを今回初めて知ったのだが、絵画と造形で鎧武者を表現するという、ちょっとほかに観ない作家。
絵画は、あたかも古美術のような風合いに仕上げて、しかもそれらしい解説文までつけている。
造形の方は、これまた私の好みにぴったりマッチ。
うーん、時間がなかったのが非情に悔しい。
なんとかもう一度来たいものだ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する