DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

新訳竹取物語

映画「かぐや姫の物語」を観た。
公式サイトはこちら。

ご存じ「竹取物語」が原作。

この作品の大きな特徴は、その描線だろう。
鉛筆や筆で描いたような映像は、どこか東ヨーロッパのアニメーションを想起させる。
特に、かぐや姫が京から故郷の村へ走り続けるシーンは、その趣が強い。
ただ、この絵柄については好みが分かれるかもしれない。

ラスト、かぐや姫が月へ帰るシーンの音楽は秀逸。
賑やかなのだが、それが却って残された者の、もの悲しさを引き立てる。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する