DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

伝説

映画「WER ウェア」を観た。
公式サイトはこちら。

フランスの森の中で、流星群を楽しみにしているアメリカ人の家族。
しかし、繁みの中から現れた何物かによって、父親と幼い子供は食い殺され、母親も瀕死の重傷を負う。
森の中の一軒家に住むタランという大男が容疑者として逮捕される。
弁護士のケイトは、タランは健康上の問題で人を襲うことができないと証明しよう検査に臨む。
しかし、その検査の途中、タランは「本性」を現すことになる。

監督はウィリアム・ブレント・ベル。今作が初見。

「パラノーマル・アクティビティの製作陣が新たに贈る」というコピーからして、またぞろ「恐怖の映像が見つかった」系かと思いきや、普通の映像手法で、安心。
ただ、話の展開が何となく素人臭い感じ。
もうちょっと、タランの病気のことや、タランの家の過去などを織り交ぜると深みが増したような気が。
テーマや話の筋はいいだけに、残念。
ハリウッドがリメイクしたら「化ける」かも。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する