DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

老獪

映画「ミッドナイト・ガイズ」を観た。
公式サイトはこちら。
原題は「 STAND UP GUYS」。

28年間の刑期を終え、ヴァルは出所した。
それを出迎えるのは、ギャング仲間で今は引退したドク。
ドクは、ヴァルに殺された男の父親でギャングのボス、クラップハンドに、ヴァルを殺すように指示されていた。
しかし、出所を素直に喜ぶヴァルを前になかなか実行に移せない。
ヴァルとドクは昔の仲間で老人ホームに入っていたハーシュを引っ張り出し、夜の街を盗んだ車を3人で乗り回す。
車のトランクに閉じ込められた女の復讐を手伝う3人。
ひととき、ギャング時代の生き様を楽しむ3人。
が、ヴァルを殺す午前10時のタイムリミットは近づいて来ていた。

ヴァルにアル・パチーノ。73歳。
ドクにクリストファー・ウォーケン。70歳。
ハーシュにアラン・アーキン。79歳。「アルゴ」。
ドクの行きつけの店の店員アレックスにアディソン・ティムリン。今作が初見。
ハーシュの娘で医師役にジュリアナ・マルグリーズ。「ER」。やっぱり医師のコスチュームがよく似合う。
監督にフィッシャー・スティーヴンス。監督作は初見。「ザ・コーブ」のプロデューサー。

主演の2人合わせて143歳。
「晩」年だけあって、一晩の出来事を描いた映画なわけだが、とってもパワフル。
若いギャングを次々と倒す様は小気味いい。

2人を取り巻く人たちがまたいい。
特にアレックス役のアディソン・ティムリンがとてもチャーミング。

序盤が少々もたつく感はあるが、ラストがカッコいい終わり方なので許す。

★★★☆☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する