DENDROBATIC LIFE

樹上生活の日々。

2回目も雨

坂本真綾さんのファンクラブイベント「IDS!アイドリングストップ!10th Anniversary」を観に上京。
大阪は雨、そして東京も雨。

まずは最終日となった渋谷ヒカリエの「IDS! オフィス」に顔を出す。
午前10時50分ごろに到着したら長蛇の列が。
オフィス1
さすが最終日。
オフィスのお姉さんに整理券をもらう。
オフィス2
同じ階にある人形劇でおなじみ川本喜八郎氏のギャラリーを観て時間が来るのを待つ。
予定より5分ほど早く入場。
前回来たときに忘れていた葉っぱのシールをはる。
オフィス3
「IDSの木」はすでに3本とも葉っぱが生い茂っていた。
オフィス4
これは前回展示されていなかった真綾さんが作った起き上がりこぼし。
オフィス5
そして最終日のメッセージボード。
オフィス6

ライブ開始までまだ時間があるので、bunkamuraミュージアムで開催されている「山寺 後藤美術館コレクション展 バルビゾンへの道」を観る。
公式サイトはこちら。
宗教画から始まり、肖像画、風景画へといたるヨーロッパの画家たちの作品を集めた展覧会。
今日が初日だが、雨のせいかガラガラ。ゆっくりと鑑賞できた。
展覧会につきものの音声ガイドはなく、作品ごとに説明書きと作者の略歴が掲示されていた。
これは混んでいたらとてもじゃないがじっくり読めないだろうな。字も小さいし。
19世紀の絵画は好きな方なので楽しめたが、これといって目玉がないせいか、地味な印象。

外に出ると雨足が強くなっているような。
まだちょっと時間があったので、気になっていた博物館INTERMEDIATHEQUEへ。
公式サイトはこちら。
東京駅近くにあるこの博物館、入場は無料。
東京中央郵便局舎をそのまま使用した、ちょっと風変わりな博物館。
圧巻は膨大な量の骨格標本。
鳥類の剥製も圧巻。
この手が好きな人にはまったくたまらない博物館なのである。

さて、時間が来たので日比谷へ。
真綾さんの本格的な屋外ライブは2011年9月の富岡製糸場以来。
あの時は台風が接近していて、途中から大雨になった。
そして今日も雨。
野音に近づくと、リハの音が。
会場入り口で開場を待っている人たちが同じ方を向いているのは、その音を聴いているため。
野音
開場の16時近くになると雨が小降りになってきた。
しかし、真綾さんのライブには珍しく会場設営に時間がかかっているらしく開場したのは16時半。
その間に雨は本降りになって、待っている私の足下を、雨水が川のように流れていく。
会場内は傘はさせないので、皆雨合羽を着込んでいる。
私も富岡製糸場で使ったポンチョ型の雨合羽を着た。
これは鞄なども雨から守ることもできるので便利・・・のはずだったが。

会場では今回のイベント恒例のアンケートも実施。
記入用のテントも用意されていて、さすがiDS、気が利いている。
アンケートは「10年前と今で変わったところ」と「真綾さんへの質問」のみ。
「聴きたい曲」は今回はなし。

ライブも30分遅れでスタート。
白いニットのドレスを着た真綾さんは、雨に備えてか髪をひっつめている。
セットリストはこれまでの曲に加え、
DIVE
風が吹く日
birds
ユニバース
が追加された。
また、「聴きたい曲」で上位に選ばれていた、
プラチナ
tune the rainbow
も「レギュラー」入り。

トークは「寒いから短めに」。
質問コーナーでは私の質問がまたまた読まれた!
質問は「打ち上げの時はビールですか?それとも違うお酒?」
真綾さんは一言「ビール!」

冬季限定アルバム「Driving in the silence」の解禁も宣言され、盛り上がる会場。
最後の方では、モンハンの挿入歌「セクレアール」の配信や、新曲「SAVED.」が発売になることが発表される。
さらに会場で配られたチラシには11月6日と11月22日にオフィシャルサイトで重大発表があるという告知が。

さて、とりあえず、予定されている今年の真綾さん関連のイベント参加は終了。
ずっとライブで聴きたかった「tune the raibow」が聴けたのが今年の大きな収穫か。

ところで野音の座席はベンチ型になっている。
私の着ていたポンチョ型の合羽は、横がスリットになっていて手が出しやすいようになっているのが、座面がベンチなのでスリット部分が横に広がっていたため、雨水がたまってしまった。
それに気づかずライブの途中で体を動かしたら、たまっていた雨水が一気にお尻に流れ込んできて、冷たいったらありゃしない。
富岡製糸場の時は、パイプ椅子だったので、水がたまらずに済んだらしい。
お尻が濡れたまま新幹線に乗って帰ってきたわけだが、新大阪止まりだったので私の後に乗る人に迷惑をかけることはなかったのが幸い。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する